手作り灯籠工作

8月某日、津島市立図書館にて、
手作り灯籠工作教室が開催されました。

こちらはクラウドファンディングで製作している献灯行燈のような立派なものではなく、
画用紙に絵をかいて、切り抜いてといった、
夏休みの工作にぴったりの手作り灯籠です。

教室には約30名ほどの親子連れが訪れ、
にぎやかな雰囲気でスタートしました。

私も小学1年生の子供と一緒に参加。
製作方法の簡単なレクチャーを終えて、
いざ始めてみると、うちの子も含めて、子供たちの真剣に取り組む姿。


そしてそれ以上に真剣に取り組む大人たち!

私に至っては、子供の作った作品とは関係なく、
自分の作品作りに没頭してしまい、子供が暇そうにしているという状況を生み出してしまいました、、、

1時間も経過したころには完成した作品もチラホラ見え始め、
続々と皆さんが楽しそうな笑顔で教室が終わりました。

どんな作品ができたか?

それは、、、

尾張津島お月見灯路、当日までのお楽しみです、、、

と言いたいところですが、
現在、津島市立図書館にて展示されております。
是非皆さんお立ち寄りください。

また、お月見灯路当日は、津島神社境内に皆さんの作品を展示する予定です。

気になる方は、是非お月見灯路当日に探してみてください。

プロジェクションマッピング製作日記③

本日はプロジェクションマッピング製作日記の第3弾として、
清林館高校の皆さんが実際に部活動をしている場面にお邪魔しました。

その日は地元ケーブルテレビ局の取材も入っており、
普段とはちょっと違った、緊張感のある雰囲気でした。

今年の製作チームは4グループに分かれて、
それぞれのセクションを製作するという分担方式で進められていました。

夏休み期間中に各グループに分かれて製作を進めていたものを
中間発表という形で報告を行った今回、
作品を通して、生徒さんたちが試行錯誤している場面もたくさん見られました。

プロジェクションマッピングの製作チームは主に1、2年生が担当し、
昨年のプロジェクションマッピングをメインで進めた3年生はアドバイザーという立場。
受験勉強が忙しい中、合間を縫って後輩の指導をしているということでした。

生徒の皆さんはせっかくたくさんの人たちに見ていただけるので、
素晴らしい作品をお届けしたいと、気合が入っていました。

得意不得意、いろいろな生徒さんがいますが、
学生時代の思い出として、もっともっと楽しんで進めていってもらいたいなぁ。
と親目線で感慨深くなってしまった一日でした。

狐の嫁入り衣装合わせ

八月某日、津島市にある「きもの専門店 八村屋」さんにて
お月見灯路期間中に開催される「尾張津島狐の嫁入り道中」に参加される皆さんの
衣装合わせが行われました。

会場となった「八村屋」さんは、本イベントの趣旨に大変ご理解をいただき、
いろいろな場面で、ご協力をいただいております。


お月見灯路のビジュアルイメージを大学生のお二人に製作していただいておりますが、
雅なエッセンスなどはこちらの女将さんからいろいろなアイデアをいただいていました。

さて、狐の嫁入り道中ですが、ちょっとしたコスプレイベントなんじゃないの?
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際にこの地方で使用されていた貴重な嫁入り道具をお借りしたり、
衣装の細部に至るまで、本物の嫁入り道中を再現していおります。

ということで、今回はご参加いただく皆さんに詳細なスケジュールや
役割などの打ち合わせを行いました。

打ち合わせの後は衣装合わせ。
花嫁役の方だけではなく、脇を固める皆さんの衣装も合わせておりました。

そして、「狐のお面」

普通につけていると、動作のたびにズレてしまったり、視野が確保できなくなってしまったりするので、
中に綿をいれたりして、一人一人カスタマイズした形になりました。

今回の衣装合わせ中も、お集まりいただいたお姉さま方から、
「こうしたほうが綺麗」とか「こっちのほうが雰囲気が出るよね」
といった意見もたくさん出て、さらに良いものが出来上がっていきました。

お月見灯路実行委員会の模様

本日はお月見灯路実行委員会の定例会議の模様をお伝えいたします。
昨年から続いているお月見灯路ですが、たくさんの方にご支援ご協力いただいておりますが、実行委員会としては10名ほどのメンバーで、運営が進められております。メンバーは津島霊場会の住職の方もみえれば、地元企業の代表者や主婦など、様々な顔ぶれが集まってきております。

本日の会議は当日配布するガイドマップの精査。お越しいただくみなさんが手に取って、より楽しんでいただけるように、様々な意見交換がされておりました。
本日の会議細部にまで校訂が行われましたので、もうすぐ皆様のお目にかかることができるようになるかと思います。乞うご期待!

狐の嫁入り道中行列①

本日は今年から始まった企画の一つ。
「狐の嫁入り道中行列」についてお伝えしたいと思います。

まず「狐の嫁入り」と聞いて、皆さんはどんなことを思い浮かべますか?

きっとたくさんの方が
「晴れてる日に雨が降ってることじゃない?」って想像されたかと思います。

自然現象として珍しいことを「狐に騙されている」と思い、
昔からそんなふうに言い伝えられてきています。

しかし、それとは別に秋の収穫時期に「五穀豊穣」を祈念して、
狐の扮装をした人たちが嫁入り道中を再現して、
各地の神様にお参りするいう行事が様々な地域で残っています。

今回は地域の五穀豊穣と地域に残された歴史的価値の高い建物や町の風景をコラボさせて、
狐の嫁入り道中行列を行います。

津島市の歴史文化遺産である「渡邉家住宅」をスタート地点として、
津島神社まで道中行列を繰り広げます。

スタート前の渡邉家では尾張津島に古くから伝わっている嫁入りに関する風習を再現。
嫁入り衣装から、小物にいたるまで、細部にわたって再現し、
昔懐かしいと感じる方もいらっしゃると思いますが、
まったく知らない人にとってはとても新鮮なものになると思いますし、
海外からお越しの方にとってはトラディショナルなものになること間違いなしです。

今後も「狐の嫁入り道中行列」について、いろいろな情報をお知らせできればと思っています。

尾張津島お月見灯路のロゴについて

昨年からスタートした尾張津島お月見灯路ですが、
昨年は様々な場面で付け焼刃な部分があり、
その反省を経て、本年は様々な場面でその反省が活かされています。

その一つがこちらのロゴマークです。

「尾張津島お月見灯路」としてのブランドイメージを確立するため、
ロゴマークの製作を早いタイミングから始めました。

そこでご協力いただいたのは他でもない、
この地域出身の大学生のお二人。

このレポートを書いている私も含めて、実行委員会は結構年齢層高目なスタッフで構成されているわけなんですが、
古臭い頭で考えたものではなく、新しい才能たちによって素晴らしいものが出来上がるということは
昨年の清林館高校の高校生たちが製作したプロジェクションマッピングで実証済み。

今回、お月見灯路全体のビジュアルイメージに関しても彼女たちのセンスが大いに活かされております。

いろいろな場面で彼女たちの監修したものが、皆さんのお目にかかると思います。
具体的にどこで彼女たちの作品が見られるの?ということは、こちらのレポートで後々にお伝えできると思います。

普段は美術系の大学で勉強しているお二人。
こちら側が本当に大雑把な言葉でイメージを伝えただけで、
本当に素晴らしい作品に仕上げてきてくれています。
※各企業の皆さん。彼女たちをデザイン部門で採用したほうが良いですよ(笑)

そんな若い力も加わってさらに力強く進んでいく「尾張津島お月見灯路」
是非、皆様にさらなるご支援をいただいて、もっともっとたくさんの人たちと楽しい時間を作っていきましょう!

プロジェクションマッピング製作日記①

昨年度好評を博した、プロジェクションマッピング。
今年も昨年よりもスケールアップして登場します。

こちらは昨年の模様です

製作は昨年同様に清林館高校パソコン部の皆様です。

昨年は短い期間で集中して製作していただきましたが、
今年は新学年が始まった4月から構想を練り始めています。

令和元年となる今年のテーマは
「Road to 2020 in Tsushima -ぼくらが創造する近未来-」

過去から現在、そして未来を創造していくというテーマのもと、
夏休み期間を利用して、製作を進めていっていただいております。

今年の舞台も津島神社楼門となります。

ソフト面の充実はもちろんですが、
今年はハード面も充実しております。

昨年は1台だったプロジェクターを、今年は2台使用しての投影。
より一層、複雑な演出が可能となり、昨年よりも格段にスケールアップしたものを
皆様にお届けできるものと思います。

このプロジェクションマッピングですが、パソコン部部員の皆さんの個性を活かして、
様々な構成で製作しています。

若い感性と才能にさらに磨きをかけて、取り組んでいただいておりますので、
10月13日(日)の本番をお楽しみにしていただきたいと思います。

今後、彼らが様々な場面で奮闘している姿を、お届けできる予定ですので、
お楽しみに!!

お子様と一緒に手作り行燈作りませんか?

津島市立図書館で8月24日に手作り行燈教室が開催されます。

8月24日は都合が悪いなぁという方は、9月14日にも場所は変わって愛西市中央図書館で開催されます。

愛西市中央図書館で2時から開催されます。詳しくは愛西市中央図書館HPをご確認ください。

http://www.aisai-lib.jp/

クラウドファンディング返礼について①

皆様のお力添えをいただきまして、
順調に支援が集まってきております。

今回は支援コースそれぞれの説明を改めてさせていただきたいと思います。

まず、3000円支援コースですが、
このコースの返礼品はお礼状とお月見灯路リーフレットとなります。
お月見灯路リーフレットは当日、お月見灯路に参加いただく際に、
イベントマップとして利用いただけるものとなっております。
是非、こちらを手にしていただいて、実際にお月見灯路を楽しんでいただきたいと思います。

次に10000円支援コース。
このコースの返礼品は津島銘菓あかだくつわセット、観音寺オリジナルクリアファイル、お月見灯路リーフレットの3点となっております。
この「あかだくつわ」ですが、いくつかのテレビ番組でも取り上げられていますが、固いお菓子です。
「そんなことないやろ」って油断して口の中に放り込むと、痛い目をみます。
必ずお口の中で少しずつふやかしながら、楽しんでください。味はどことなく懐かしい、飽きのこない味ですので、是非ご賞味あれ。
そしてもう一品の「観音寺オリジナルクリアファイル」ですが、こちらもいくつかのテレビ番組やメディアで
「御朱印がスゴイ!」ということで取り上げられているお寺の、現段階ではどこにも出ていない新しいグッズです


※配布の段階では観音寺にて販売されています。

お月見灯路行燈製作

こんにちわ。
今回はこのプロジェクトの返礼品として、献灯していただく、
行燈についてお話させていただきます。

お月見灯路の中でお寺の境内や街並みを柔らかな光で照らしてくれている行燈。

昨年は「京都花灯路」で使用しているものをお借りしての開催でしたが、
本年からはこのイベントの継続開催も見越して、自分たちで行燈を製作いたしました。

京都花灯路さんで使用されている行燈を製作している方に、
「尾張津島お月見灯路」専用の行燈を製作していただきました。

今回のプロジェクトで30,000円の協力をいただいた皆さんには
この行燈に

こちらのような形でお名前を記名させていただきます。
献灯という形ですので、実際に行燈をお配りするということではありませんので、
ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

もちろん、ただお名前を入れるだけではありません。
ご協力いただきました皆様の心願成就を津島霊場会さんにご祈祷いただいた上で、
毎年開催されるお月見灯路にて設置させていただきます。

あなたの想いのこもった行燈がまちを優しく照らします。
是非、たくさんの人たちの想いで、このまちを照らしていけたらと思っています。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。